関節リウマチ・骨粗鬆症・ボトックス治療・体外衝撃波疼痛治療装置 導入

連絡先

0896−24−5550

近年、プロスポーツ選手のケガの治療や、一般の方の関節痛や健・筋肉の損傷に対する治療法として、
PRP(Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)療法が注目されています。

 

PRPは、血液中の血小板を高濃度に含んだ血漿であり、これを血液から分離し、患部に注射する治療がPRP療法です。
PRPには、障害箇所を修復する機能を持つ成長因子が含まれています。

 

当院では、PRPを活性化させ抽出した血小板由来因子濃縮物であるPFC(Platelet-derived Factor Concentrate)を
無細胞化した上でフリーズドライ加工をすることでPRPよりも更に成長因子を豊富に含む
PFC-FD(Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry:血小板由来因子濃縮物-凍結真空乾燥)に
加工したものを患部に注射することで、自己修復機能の促進や痛みの軽減、ならびに傷ついた箇所の治癒を目指す治療法を行います。

 

 

ご自身の血液を使用する治療法です。


TOP 病院案内 診療案内 入院のご案内 交通・アクセス グループ紹介 採用情報