関節リウマチ・骨粗鬆症・ボトックス治療・体外衝撃波疼痛治療装置 導入

治療の特徴

 

■ 1回の治療時間は約30分です

 

■ 麻酔などは不要です

 

■ 外来通院で治療します

 

■ 手術ではないので、傷跡がありません

 

■ 治療後には治療前と同様にすぐに歩行が可能です

 

■ 1回で効果が得られない場合は、一定期間をあけて複数回治療を行うこともできます

体外衝撃波疼痛治療による有害事象について

この装置による治療は、治療における有害事象の発生が非常に少ない治療法です
どのような治療にも有害事象は発生します
本治療により起こりうる有害事象としては、下記のようなものがあります。

 

 

1.治療中および治療後の疼痛
2.衝撃波照射部位の腫脹
3.衝撃波照射部位の斑状または点状出血
4.感覚異常、知覚低下、神経痛、その他の一過性もしくは永続的神経障害
5.湿疹
6.腱、腱膜の断裂
7.衝撃波御照射による組織損傷
8.骨の異常増殖


 
TOP 病院案内 診療案内 入院のご案内 交通・アクセス グループ紹介