関節リウマチ・骨粗鬆症・ボトックス治療・体外衝撃波疼痛治療装置 導入

足底腱膜炎を、手術を行わずに治療できる

ドルニエ Epos Ultra(エイポス ウルトラ)は、2008年に薬事承認を受けた国内で唯一薬事承認を取得している体外衝撃波疼痛治療装置です

 

この治療機械は導入している医療施設がまだ少なく、中四国で3台目、四国で1台目となります(2015年3月時点)

 

手術を行わず、麻酔もなく、寝たままの姿勢で1回30分程度の治療をすることで足底腱膜炎の治療を行います
治療後は、すぐに歩いて頂いて構いません

 

また、1回の治療では完治しなかった方は、ある程度期間を空けて再度治療を受けることができます

 

体外衝撃波治療法とは

衝撃波を患部に照射する治療法です

 

衝撃波は、病変部で痛みを感知する神経に作用して痛みを取ってくれます
また、衝撃波が患部にの組織修復を促すようになります

 

治療効果は、早ければ照射直後から得られますが、その後も徐々に痛みが軽くなっていくきますが、
疾患の度合いなどにより治療効果や治癒期間が異なります

 

だいたい60%〜80%までの方が、治療効果があったと報告されています

難治性の足底腱膜炎への治療は保険適用です

平成24年1月1日より、6カ月以上も改善が得られない難治性の足底腱膜炎に対し、ドルニエを使用した治療が保険適用となっています

 

これまで手術か、保存療法をするか、しか選択肢がありませんでした
足底腱膜炎でお悩みの方は、当院にお越し下さい


 
TOP 病院案内 診療案内 入院のご案内 交通・アクセス グループ紹介