関節リウマチ・骨粗鬆症・ボトックス治療

脳卒中の後遺症、頭部外傷、脊椎損傷などが原因で、運動障害の一つに痙縮という症状があります。
痙縮という症状は、筋肉に「力を入れろ!」と誤って信号が送られ、筋肉が緊張しすぎて、手足が動かしにくい、勝手に動いてしまう状態のことです。

 

ボトックス治療とは、痙縮(けいしゅく)を緩和・改善してくれる治療法です。


 
TOP 病院案内 診療案内 入院のご案内 交通・アクセス グループ紹介