関節リウマチ・骨粗鬆症・ボトックス治療

院長挨拶

 

院長   武内 啓(たけうち けい)

 

近年、高齢化が進み地域医療の重要さがますます増してきていると感じます。 介護施設を併設していることから、高齢医療の難しさや重要性をより重く感じ、また地域医療を担う一端として、 患者様がより健康でお過ごし頂ける医療を提供することが必要と考えております。

 

その中で、当院では2005年よりリウマチ専門医として、地域医療へ貢献するべく微力を尽くしております。 その他、骨粗鬆症やボトックスなど、高齢者がいつまでも元気な身体を維持し、活力ある生活をお過ごし頂けるよう 診療を行っております。

 

当院は他県のリウマチ患者様もお越しになり、専門医としてうれしく思っております。
患者様にとって、よりよい医療を提供できるよう、日々の治療に努めておりますので、よろしくお願いいたします。

 

 略歴

昭和40年1月31日

愛媛県八幡浜市(旧西宇和郡)保内町にて出生

昭和58年3月

愛媛県立八幡浜高校

平成3年3月

愛媛大学医学部卒業

平成3年4月

愛媛大学医学部整形外科入局

平成4年4月

新居浜十全総合病院勤務

平成7年7月

済生会西条病院勤務

平成10年9月

栗整形外科病院勤務

 

 

 

資格

日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 認定リウマチ医
日本リウマチ学会 専門医
日本リウマチ財団 登録医
日本医師会認定産業医
厚生労働省 義肢装具等適合判定医
身体障害者福祉法指定医

 

所属学会

 

日本整形外科学会・日本臨床整形外科学会
日本リウマチ学会・日本臨床リウマチ学会
日本感染症学会 中部日本整形外科災害外科学会
日本骨粗鬆症学会 日本ボツリヌス治療学会
日本運動器科学会 日本転倒予防学会


 
TOP 病院案内 診療案内 入院のご案内 交通・アクセス グループ紹介